3年で100店舗を増やした美容室から学ぶマーケティング戦略

Pocket

どうも、ほっしーです。

 

以前マーケティングのセミナーに行った時に
今までたくさんのセミナー行ったけど、これは言語化され体系化もされてて半端ないと思ったものを今回は話していけたらと思います。

 

マーケティングは全世界共通して学ぶべきものだと思っています。

学問としてあるべきものだと思っているので、
全員が学びそして実践すべきだと思っています。

 

そんな中である美容室のマーケティングが超中身が濃く
言語化されていて

これは成功するに決まっていると思わせるものがありました。

 

その美容室はDears(ディアーズ)っていうですけど、

女性専用の髪質改善専門店なんです。

 

なので、男の僕は行けないわけですが、、、笑

ここのマーケティング戦略はとにかく言語化されていてすごい。

 

しかもディアーズ事業を開始してからわずか3年で76店舗まで増やし、

今でも着実に店舗数を増やしているみたいです。

 

店舗数が増えていながら、お客さんの満足度は高く
そこで働いているスタッフさんの満足度も高い。

なぜなら髪質改善に特化しているために

それを求めるお客さんが来る。

スタッフは覚えることが少ないようで楽ができるわけです。

 

接客でも台本(メニュー)を見ながら接客することができるらしいので、
簡単に接客ができますね。

 

しかもフレックス制で週休12日を実現しているそうです。

いつ休んでもいい。

月の前半で働きまくり、後半で連休を取る。

という休み方でもいいらしいので、それは満足度も上がりますよね。

ディアーズのスタッフ離職率は独立を抜くと今だに0らしいです。

 

すごいですよね。

 

でもなんでここまで店舗数が伸びながら、
売り上げも伸び、スタッフの離職率もゼロ、スタッフとお客さんの満足度が異様に高いのかというと、

しっかりとしたマーケティング戦略があるからです。

 

マーケティングってそもそも何かっていうと、

商品を広げることです。

 

もっというと、商品を効率よく広げることなのです。

 

ビジネスをやっていると、物事を複雑に考えてしまい、

店舗ビジネスだったら無駄に設備投資したり、人件費増やしたり減らしたりしてなんとか売り上げを立てようとしますが、

根本はそこじゃないのです。

こういった人たちって何が足りてないのかというと、

マーケティングの本質を知らないのです。

 

マーケティングを知らないのはビジネスにとって致命傷で

全くビジネスがうまくいかずに結局そのビジネスから撤退していってしまうのです。

 

ディアーズはマーケティング戦略もさながら

コンテンツ力が高いのです。

 

ブランディングを決めるにはまずはコンテンツ力を高めることが必須です。

 

ディアーズでいうと、

髪質改善に特化していて、価格は高め(通常16,200円)だが、
髪質改善の再現性は高く、通販などでシャンプーなども販売しているためコンテンツ力は高い。

スタッフ側でいうと、働き方はフレックス制で週休12日休み。プラーベートもしっかりと優先させる。
給与も手取りは30万以上。離職率ゼロ。
求人も毎日のように応募が来るそうです。

コンテンツ力はめちゃくちゃ高いですよね。

 

その上でディアーズのメディアや
代表の北原さんのメディアもあって、

北原さんのメディアでは北原さんの考え方や思考がどんどん発信されています。

北原さんはもともと美容師をやっていたのですが、美容師時代からアフィリエイトをやっていてその頃から月1000万ほど稼いでいたそうです。

このメディアを使って北原さんのファンになり、
ディアーズに行ったり、求人応募したりとするわけです。

 

美容師時代からマーケティングが大事だと気づき、
美容師時代から勤務していた美容室の売り上げをアフィリエイトの知識と実績をもとにあげていたそうです。

美容師時代に思いついたマーケティング戦略が今のディアーズ事業に生かされているらしいです。

 

そりゃディアーズ事業うまくいくわ

と思いますね。

 

ビジネスを展開する上で必要なのは

マーケティング

そして、マーケティングやビジネスモデルを言語化できる思考

を極めていくべきだと僕は常に思っています。

 

僕自身まだまだですし、もっとビジネスのことを知っていき

成長していきたいと思いますので、

どんどん勉強して行動していきます。

 

今日の記事は割とマーケティングに特化した記事でしたので、

何回も繰り返し読んでみることをお勧めします。

 

それでは!

Amazon電子書籍が無料で読めます

僕は大学生の頃に月収60万ほど稼いでいました。

その時は才能があったわけではなく、

周りの環境に恵まれていたわけでもありません。

ただの大学生で、野球が大好きな人間でした。

しかし、月収60万を稼ぎ、調子に乗ってしまった僕は

何もせずにぐうたらしていた結果、月収が激減し貧乏になってしまいました。

しかし、もう一度ビジネスに取り組むことになり、その先駆けとして電子書籍を出版。


Amazon電子書籍「職業文化」カテゴリーランキングで1位を獲得することができました。

僕はビジネスをもう一回、極めようと思った理由としては、

金銭的なことがほとんどですが、

周りを見てみたら不自由なことが多くて何もできない人たちが多くいるなと思いました。


そういった人たちがあらゆる不自由から脱却してほしいという思いから、この電子書籍を書きました。

その書籍をメルマガの中限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、

30分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味あれば読んでみてください。

→電子書籍「あらゆる不自由から脱却しよう」を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です