会社員で副業禁止。禁止だからビジネスをしてはいけないのか。

Pocket

どうも、ほっしーです。

最近、副業OKの会社が増えてきましたよね。

 

大手銀行、みずほ銀行も10月から副業OKに。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019070401176&g=eco

 

こういった大手まで副業OKになってくるのは、
かなり個人の生き方が重要視されてきてると同時に

個人の生活は会社だけでは賄いきれない。

だから個人でビジネスして、自分で稼いでください。

ということを言っていると思います。

 

僕自身は大学時代からビジネスをやってきましたが、

なぜやってきたのかというと、

就職しても副業がダメな企業が多かったという理由もあります。

 

副業禁止だと個人の成長がなくなるし、
収入のアッパーができてしまうために

何もできなくなってしまうのは避けたかったのです。

 

なので、色々とやってきたわけですが、

副業禁止の企業がなぜ多いのか。

 

副業禁止だから何もしてはいけないのかを
僕自身の考えを書いていきたいと思います。

 

なぜ禁止なのか

そもそもなぜ副業禁止の企業が多いのかというと

経営者側からしたら、

高い給料払って働いてもらっているから
会社に貢献してほしいという思いがあると思っています。

 

副業に一生懸命になり、会社の仕事が疎かになってしまうと

雇っている側からしたら

副業はやめて会社に尽くしてほしいというのが当たり前ですよね。

 

経営者は雇用しているけど、そういった管理をしっかりできれば
社員のモチベーションも上げることができるし、
売り上げも総じて上がってくるんですけどね、、、

ここは今回の話と違うので割愛しますね。

 

 

副業禁止ともなると、

会社の給料だけで生活することになりますから、厳しいわけです。

手取りで月20万とかだと
家賃光熱費食費諸々で10万以上は吹っ飛びますから、
余っても10万ちょい。

そこから貯金する人はして、遊ぶことなどをすると、
手残りはかなり少ないわけです。

 

これでは不自由を脱却することなんて到底無理ですよね。

 

会社に属して会社に貢献するのはいいと思いますが、

目的は見失わないほうがいいですね。

 

禁止でもしていい。むしろしろ

このブログを見ている人のほとんどが
不自由を脱却したいと思って、ビジネスを始める人たちが多いと思うので
副業禁止であったとしてもどんどん挑戦していったほうがいいと思います。

 

こういった情報発信ビジネスというのは

顔出ししなくてもニックネームでも問題ないですし、

むしろビジネスをやる上でそこを気にする必要はそこまでないです。

 

もちろん顔出ししたほうがいい。
名前を出したほうが信用度が高いと言われることもありますが、
ビジネスはコンテンツの質が重要で、

面白く役立つコンテンツであれば、

顔出しや名前などはほとんど関係ないのです。

 

だからこそ副業禁止でも問題なくビジネスできるし、
むしろどんどんやっていったほうがいいわけです。

 

自分の人生は自分で守るしかない。

 

誰もあなたを守ってくれません。

 

だから自分で決めて、やっていくことが大事なのです。

 

なので、行動してみてください。

人生が変わりますよ。

 

今日はこの辺で!

Amazon電子書籍が無料で読めます

僕は大学生の頃に月収60万ほど稼いでいました。

その時は才能があったわけではなく、

周りの環境に恵まれていたわけでもありません。

ただの大学生で、野球が大好きな人間でした。

しかし、月収60万を稼ぎ、調子に乗ってしまった僕は

何もせずにぐうたらしていた結果、月収が激減し貧乏になってしまいました。

しかし、もう一度ビジネスに取り組むことになり、その先駆けとして電子書籍を出版。


Amazon電子書籍「職業文化」カテゴリーランキングで1位を獲得することができました。

僕はビジネスをもう一回、極めようと思った理由としては、

金銭的なことがほとんどですが、

周りを見てみたら不自由なことが多くて何もできない人たちが多くいるなと思いました。


そういった人たちがあらゆる不自由から脱却してほしいという思いから、この電子書籍を書きました。

その書籍をメルマガの中限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、

30分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味あれば読んでみてください。

→電子書籍「あらゆる不自由から脱却しよう」を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です