GoogleAnalyticsを使って、ビジネスを客観的に見つめ直そう。

Pocket

どうも、ほっしーです。

 

普段から客観視してますか?

 

ビジネスをやる上では自分のメディアや
関わっている全てにおいて客観視することは重要です。

 

そんな中でビジネスをやる上で客観視できる一番のものは

 

数字

 

になります。

 

ブログを書いている人や
WEBマーケターの人たちは常に数字を気にして、

どういったブログ記事が読まれるのか。

どういった広告を回していけば、コンバージョン率が上がるか。

を考え、常にトライアンドエラーを繰り返さないといけないわけです。

 

 

そんな中で、簡単に客観視できるツールを紹介したいと思います。

 

それは

「GoogleAnalytics」

です。

 

これに関しては、

ビジネスをやっている人たちのほとんどは知っていると思います。

 

知らないでビジネスをやっているのは
かなりやばいので、

今のうちに知っておきましょう。

 

GoogleAnalyticsはメディアや広告に対して、
メディアの流入数はどれくらいで、
コンバージョン率はどれくらい。
新規ユーザーがどれくらい入って、アクティブユーザーは何人くらいいるか。

などを計測してくれる優れものです。

 

僕自身、まだメディアを立ち上げ、
そこまで本格的に取り組んでいないものが多いですが、

やっていない割には結構流入数はあることがわかったり、
注力してやっていけば、いけるなーということがわかったりします。

 

数字がわかることで
メディアの現状がわかるので、かなり客観視できると思います。

 

それでいて、何をどうすればいいかというのが
改善策が取れるのでかなりいいツールだと思います。

 

こんな感じで出ます。

 

8月はこんな感じで、9月は仕組みづくりに注力していたので、
落ち込んだ形ですね。

戦略を練った上での仕組みづくりやブログ更新をしているので、
もう少ししたらPV数もアップし、
収益もどんどん上がってくると思います。

 

まあ、実際にPV数は伸びなくても
収益は上がる仕組みを作っちゃえば余裕だし、

ブログだけじゃなくても、いろんなツールを使っていけば、
余裕でマネタイズできるので、

ブログに関してはこれから伸ばしていこうと思ってますね。

 

客観的に見えるツールを使うことで
ビジネスの軌道修正ができるようになるので、

ぜひ使ってみてください。

Amazon電子書籍が無料で読めます

僕は大学生の頃に月収60万ほど稼いでいました。

その時は才能があったわけではなく、

周りの環境に恵まれていたわけでもありません。

ただの大学生で、野球が大好きな人間でした。

しかし、月収60万を稼ぎ、調子に乗ってしまった僕は

何もせずにぐうたらしていた結果、月収が激減し貧乏になってしまいました。

しかし、もう一度ビジネスに取り組むことになり、その先駆けとして電子書籍を出版。


Amazon電子書籍「職業文化」カテゴリーランキングで1位を獲得することができました。

僕はビジネスをもう一回、極めようと思った理由としては、

金銭的なことがほとんどですが、

周りを見てみたら不自由なことが多くて何もできない人たちが多くいるなと思いました。


そういった人たちがあらゆる不自由から脱却してほしいという思いから、この電子書籍を書きました。

その書籍をメルマガの中限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、

30分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味あれば読んでみてください。

→電子書籍「あらゆる不自由から脱却しよう」を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です