独立はキャリアアップにつながらないは幻想。

Pocket

どうも、ほっしーです。

 

僕は大学卒業し、就職せずにそのまま独立をしました。
ネットで物を売ったり、対面で物を売ったりもしていました。

 

今ではネット上に仕組みを作って
そこで物を売っているおかげで

働く時間は普通に働いてる会社員の人より
2分の1くらいの労働時間で終わります。

 

まだまだ成長していきたいし、
もっと仕組みを強化していきたいという気持ちが強いし、
改善できるポイントは多々あるので、
労働時間は長くしているだけです。

 

大学卒業して就職せずに独立すると言ったときは
かなりの人たちに反対されました。

 

「バカじゃないか」

「うまくいくわけがない」

「独立したらキャリアップもできないぞ」

 

と言われることがありましたけど、
実際そんなことはなかったです。

 

僕の場合、うまくいかなかった期間は長かったけど、
結果的にはある程度成功し始めたのかなと思います。

 

僕の友人の中でも
新卒で独立し、ずっと会社に属せずにフリーランスとしていきてきた人は
会社を立てたり、他の会社に役員として何社も入ったりして、
キャリアアップをしています。

他の人も独立して物を売る力を身につけてから
ある会社に就職したら、最初から部長待遇で迎い入れてくれたと話を聞いたこともあります。

 

独立するとキャリアアップは難しいという話はあるかもしれないですが、

実際はその逆でキャリアアップすることは簡単だということです。

 

どういうことかというと、
ビジネスをしていくと、身に付く力は

マーケティング能力

爆発的に伸びるわけです。

 

マーケティングができるようになると、
どこの会社でも欲しがられる人材になります。

 

だから独立してうまくいかなくなっても
会社に就職する際にかなりの好待遇で勤めることができるわけです。

 

独立してマーケティング能力を身につけると
勝手にキャリアアップの近道になるし、

そもそもマーケティングができるのであれば、
独立して自分で会社立ち上げたり、

 

他の会社にアドバイスしてコンサルフィーをもらいながら
いろんなビジネスモデルを見ることができるので、

自分の知見を広げることができる。

 

勝手に自分のスキルが上がっていくわけです。

 

僕は独立もサラリーマンも経験して

絶対に独立をすることをお勧めします。

 

もちろん今の状況を見て
判断する必要はありますけど、

独立した方が何倍もメリットがあるので、
挑戦してみてもいいかもしれないです。

Amazon電子書籍が無料で読めます

僕は大学生の頃に月収60万ほど稼いでいました。

その時は才能があったわけではなく、

周りの環境に恵まれていたわけでもありません。

ただの大学生で、野球が大好きな人間でした。

しかし、月収60万を稼ぎ、調子に乗ってしまった僕は

何もせずにぐうたらしていた結果、月収が激減し貧乏になってしまいました。

しかし、もう一度ビジネスに取り組むことになり、その先駆けとして電子書籍を出版。


Amazon電子書籍「職業文化」カテゴリーランキングで1位を獲得することができました。

僕はビジネスをもう一回、極めようと思った理由としては、

金銭的なことがほとんどですが、

周りを見てみたら不自由なことが多くて何もできない人たちが多くいるなと思いました。


そういった人たちがあらゆる不自由から脱却してほしいという思いから、この電子書籍を書きました。

その書籍をメルマガの中限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、

30分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味あれば読んでみてください。

→電子書籍「あらゆる不自由から脱却しよう」を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です