教育で人生は変わる。教育の重要性。

Pocket

どうも、ほっしーです。

 

教育ってかなり重要だなって思う場面がいくつもあって、
僕なり教育の重要性を語ってみようかなと思って

この記事を書きます。

 

僕個人の意見なので、ご参考までに。

教育で人は変わる

結論として、

 

教育で人は変わります。

 

教育を通して人格が形成されていくのは本当のことだし、
人と人とが関わっていく中で自分がどう立ち振る舞っていけば

人生楽しくなるのかを考えることができるようになります。

 

 

僕は大学時代、教員になりたくて

教員になるための勉強をし、

実際に教員免許を取りました。

 

中学校と高校の教員免許を持っています。笑

 

意外ですよね。

 

 

そんな僕が教育がすげえ重要だなと思ったきっかけはいくつかあって、

まず1つ目は教育実習に行った時の話。

 

2つ目は個人で営業をしているときに行った人材教育の研修の時。

 

1つ目の教育実習の時も2つ目の時も

共通して言えるのは

 

教育は人を変える力があるということです。

 

 

学校教育ですと、集団行動の大切さは学びますし、
意識は高まると思います。

 

しかし、個人の能力をアップさせるための教育が施されているかというと、

そこは疑問が残ります。

 

良く言う学校は良質な社会人を作るための教育の現場だという人がいると思います。

まさしくそれでした。

 

みんなで同じことをやって、
足並みを揃える。

そうすれば先生たちから評価を受けるわけです。

 

正直、それってどうなの?

と思いますけど、生徒たちは従うしかないですよね。

 

学校に行っている限りは。

 

あっ、ちなみに

僕は学校を否定しているわけではないので、そこだけ注意を。

 

 

それで、最も教育の重要性に気づいたのは

2つ目の人材教育会社は運営する研修に参加した時で、

 

あの時は教育の本質はこれだなって思うことができました。

 

そこの研修のテーマは

リーダーとはなんぞや。

 

ということでした。

 

個人でビジネスをやっていく上で
最初は必要のないものかもしれませんが、

ビジネスを拡大していった先に必要になる可能性のあるものなので、

リーダーシップは学んでおいて損はないと思います。

 

 

そこの研修は徹底的に原因を追求し、
成功するまで諦めない。

だから2泊3日を研修を夜通し、ほとんど寝ずにやるわけです。

 

きつすぎましたね。

 

 

何度か失神しかけましたし、
チームを作ってワークをやるんですけど、
すごく迷惑をかけてしまう場面もありました。

 

その中でなんでこういったミスをしたのか
単純に眠いからなのか、でもなんで眠くなるのか。
そもそもこの研修で得たいものは何か。

ということを主催者は懇々と語り、それを研修者はそれを自分の中に落とし込むわけです。

 

そうすると、実際に研修者たちの意識はかなり変わっていて、

普段はあまり前に出てリーダーシップを取らない人が
成功のために必死になって意見を出したり、
人一倍行動をしていくわけです。

 

そして、成功すると感情が爆発して泣いたりもしてしまうのです。

 

これってすごいことですよね。

 

 

教育の方法が少し違うだけで
こんなにも人って変わることができるだと実感した

2つの話でした。

誰が教えるかで人生は変わる

本当に誰が教えるかが重要で、

そこを間違えてしまうと、人生を間違えてしまう可能性が十分にあります。

 

今、個人でビジネス活動をしていますけど、

かなり遠回りしてきた感じはあります。

 

ここにたどり着くまでにいろいろなことがありましたけど、

本当に実感するのは、誰が教えるのか。

が本当に重要なんだと思います。

 

ここを間違えてしまうと

あらぬ方向に行くこともあるし、もしくはめちゃくちゃいい方向に行くこともあります。

 

なので、人を間違えないように色々と調べていく必要もあるし、

実際に会ってみて話を聞くのも手だと思います。

 

ネットの評判だけで人を信用するしないを決めるのは

あまりにも不勉強すぎるなと思いますけど、

酷評すぎるのはやめたほうがいいですね。

 

しかし、実際に会ってみたり、その人のコンテンツに触れてみたりすると、
人となりが見えてきたり、

実際にどうやって結果を出しているのか、
人生観はどういったものなのかがわかってくると思うので、

そこも意識して人を選んだほうがいいと思います。

 

 

でも、人を選ぶ際も気をつけたほうがいいのが、

自分の人生の目的をしっかりと決めることです。

 

 

資産を作り上げ、不労所得を得ながらいろんなことに挑戦していきたい

と思いながら、資産性のない営業の道に行くのはやめたほうがいいですね。

 

まじでその時間無駄になるので。

 

 

目的を決めた上で、何をすべきなのかを考えて行動したほうがいいですよ。

 

これは誰を選ぶかよりも重要な話なので。

 

 

色々と話してきましたけど、

結論は教育は人を変える力がある。

その上で目的を見失わずに色々と模索していく中で
自分のメンター(師匠)なる人を見つけてレベルアップをしていくのがいいですね。

 

今回は以上になります。

参考になれば幸いです。

 

Amazon電子書籍が無料で読めます

僕は大学生の頃に月収60万ほど稼いでいました。

その時は才能があったわけではなく、

周りの環境に恵まれていたわけでもありません。

ただの大学生で、野球が大好きな人間でした。

しかし、月収60万を稼ぎ、調子に乗ってしまった僕は

何もせずにぐうたらしていた結果、月収が激減し貧乏になってしまいました。

しかし、もう一度ビジネスに取り組むことになり、その先駆けとして電子書籍を出版。


Amazon電子書籍「職業文化」カテゴリーランキングで1位を獲得することができました。

僕はビジネスをもう一回、極めようと思った理由としては、

金銭的なことがほとんどですが、

周りを見てみたら不自由なことが多くて何もできない人たちが多くいるなと思いました。


そういった人たちがあらゆる不自由から脱却してほしいという思いから、この電子書籍を書きました。

その書籍をメルマガの中限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、

30分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味あれば読んでみてください。

→電子書籍「あらゆる不自由から脱却しよう」を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です