恋愛工学から学ぶ人からもお金からもモテる方法

Pocket

どうも、ほっしーです。

 

最近、恋愛についても結構リサーチを繰り返していて、
かなり恋愛って面白いなと思っています。

 

仕組みを作って、恋愛の方でも稼いでいこうかなと思います。

 

仕組みの作り方や本質を学んでいると、
どんな市場でもマネタイズの方法って同じなんだなと感じて、

恋愛もそうだし、
筋トレや金融、いろんな市場からどんどんマネタイズができることを
確信しています。

 

なので、そろそろ動き始めようかなと思っているので、
リソースが揃えるようにしていきたいですね。

 

 

で、話が逸れたのですが、

今回は恋愛工学から学ぶ人からもお金からもモテる方法

を書いていきたいなと思います。

 

恋愛工学とは

恋愛工学とはそもそもなんぞやという話なんですけど、

 

恋愛工学とは

「世の恋愛の常識とは真逆だけど、実践すればモテモテになること間違いなしの学問」

というものです。

 

いわゆる学問としてあるものなので、
万人に共通して存在する欲望や気持ちの部分を理解して

男性、女性がどのように言葉を発し、行動することで、
モテるようになるのかがわかるものになっています。

 

恋愛工学の中にある「非モテコミット」とは

よく恋愛の中でありがちなことっていうと、

 

一途に想い、即行動してしまう。

 

こんなことってありますよね。

 

恋愛ドラマの中のストーリーだと
一途に思い続けて、振られたりいろんなことがあったりするけど、
最終的にはハッピーエンド。

っていう形が多い気がします。

 

ドラマや映画の影響で、
世の中の恋愛事情はこれをイメージしているので、

これに沿って行動している人たちは
周りから賞賛されるわけです。

 

だって、一途に想っているって素敵じゃん?

みたいな感じで。

 

 

実際にそれをやっている人たちもいるけど、

それは恋愛工学においてはやってはいけないことなのです。

 

恋愛工学の中で名前がついてるんですが、

それが「非モテコミット」と呼ばれています。

 

なぜ一途に思い行動することが「非モテコミット」
になってしまうのかというと、

例えば、

ずっとあなたが好きだと言われ続けて、
嫌になったり気持ち悪くなったりした経験とかありますか?

LINEの返信が来たらすぐに返してませんか?

LINEの返信を好きな人相手だったら、
すぐに返しがちですよね。

でも恋愛工学においては時間をおいて連絡したほうがいいんですけど、
それもできない人が多い。

なぜなら非モテコミットしているから。

 

それ以外に
仕事の場面でもしつこくお願いして仕事を取れたことってありますか?

ほとんどないですよね。

株とか投資なども一途に一つ銘柄に絞ってやらないですよね。

 

これが答えなのです。

 

非モテコミットをすることによって、

人やお金が離れていってしまうんですよね。

 

だからよくあるドラマや映画、一般常識とされている価値観というのは
嘘の可能性が高いわけです。

 

非モテコミットを脱出し、人からもお金からもモテモテの状態になるには

僕も結構非モテコミットしがちなのですが、

この恋愛工学を知ってからはかなり非モテコミットしなくなりました。

 

ビジネスにおいても同じで、

 

一本の仕事しかしていない人と

いろんな業界で仕事をしていて、ビジネスをしている人

 

で、どちらの方が魅力あるかと言われると、

完全に後者ですよね。

 

選ばれるのは多くの人と仕事している人の方が選ばれやすいんです。

 

 

なので、非モテコミットを抜け出し、
人からもお金からもモテモテ状態になるには

まずは一途になるのはやめることです。

 

いろんなことを学んでいく。

 

ビジネスを学ぶのはいいけど、

集客だけ学んで、教育やセールスは学ばないのはだめ。

 

ビジネスという大きな括りの中で
いくつかを学び実践していく。

 

そうすることで結果は出るようになります。

 

僕自身も、マーケティングを学び、
そこから仕組みづくりとコンテンツを生み出すようになったら

収入が上がるようになったので、

ぜひ非モテコミットから抜け出すことを
恋愛でも仕事でも生かしてみてください。

 

すぐには結果として現れないかもしれないけど、

やってみる価値はありです。

 

今日はこの辺で!

Amazon電子書籍が無料で読めます

僕は大学生の頃に月収60万ほど稼いでいました。

その時は才能があったわけではなく、

周りの環境に恵まれていたわけでもありません。

ただの大学生で、野球が大好きな人間でした。

しかし、月収60万を稼ぎ、調子に乗ってしまった僕は

何もせずにぐうたらしていた結果、月収が激減し貧乏になってしまいました。

しかし、もう一度ビジネスに取り組むことになり、その先駆けとして電子書籍を出版。


Amazon電子書籍「職業文化」カテゴリーランキングで1位を獲得することができました。

僕はビジネスをもう一回、極めようと思った理由としては、

金銭的なことがほとんどですが、

周りを見てみたら不自由なことが多くて何もできない人たちが多くいるなと思いました。


そういった人たちがあらゆる不自由から脱却してほしいという思いから、この電子書籍を書きました。

その書籍をメルマガの中限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、

30分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味あれば読んでみてください。

→電子書籍「あらゆる不自由から脱却しよう」を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です