マズロー欲求5段階説を実際にマーケティングに生かす方法。

Pocket

どうも、ほっしーです。

 

 

今回は、マズロー欲求5段階説を実際にマーケティングに活かす方法を話していきたいと思います。

 

 

マズロー欲求5段階説については聞き慣れた方も多いんじゃないでしょうか。

 

というのはね、
結構高校の授業とか大学の授業とかで
聞く方は多いと思います。

 

そんな中で、このマズロー欲求5段階説を
ビジネスに活かす方法を解説して、
よりレベルの高い事業をできるようにしてもらいたいと思います。

 

マズロー欲求5段階説についてはこの図を見てもらえれば
簡単にわかると思います。

 

 

見たことありますかね?これ。

結構有名なんですけどね。これはね。

どうゆう、このピラミッドなんなのかというと、
まぁ、下からゆうと生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、尊厳の欲求、自己実現欲求と、
下の欲求ですね、生理的欲求ですね、下に書いてある欲求が満たされると、
より一つ上の段階の欲求を欲するとゆうものです。

これというのはマズロー、アブラハム・マズローというアメリカの心理学者が唱えた欲求5段階説の1つです。

底辺から始まり、5 段階に始まる、終わる、というものですね。

生理的欲求

まずは、生理的欲求から始まります。

 

いわゆる本能的な欲求が一番根本にあるということです。

 

例えば、食欲や性欲、睡眠欲といった
人間の3大欲求。

これに当てはまりますね。

 

砂漠で歩き回り、喉がカラカラな時に欲しいのは
水ですよね。

これがいくら高単価で売られていても
ありったけのお金を用いて買いますよね。

 

本能的な欲というのは
それだけ需要があり、強い欲求。

人間には欠かせないものになります。

 

安全欲求

次に安全欲求。

 

これは安全に暮らしたい、何事もなくいたい。

 

自分の暮らしが脅かされないように危険なところではなく、
安全な暮らしがしたいという欲求のことです。

 

この生理的欲求と安全欲求は常に確保しておかないといけないわけです。

 

だから、ビジネスをやる上では
この2つの欲求を生かしたビジネスは廃れないわけです。

例えば、先ほど言った
砂漠で水を売るというビジネスは廃れないし、

不動産や服屋さんは潰れないですよね。

あれは安全欲求に対してのビジネスをやっているからです。

 

社会的欲求

次に社会的欲求。

 

これに関しては社会から外されたくない。
安全欲求が満たされると、仲間を作りたいという思いが出てきます。

 

コミュニティビジネスとかはこの欲求を意識したビジネスモデルになりますね。

 

会社や学校とかではかなりこれを意識している人が多いと僕は思います。

仲間外れにされると孤独感を覚え、寂しくなり、仲間を作りたがるわけです。

 

で、ですね、僕はビジネスではコミュニティというものを作ることがもう、
めちゃくちゃ大事だと、常日頃から言ってるんですけど、これというのは社会的欲求ってゆうのを満たすものになります。

 

楽しい、喜びがあって面白い、という状態にさせることが
コミュニティビジネスの基本です。

尊厳の欲求

次に、尊厳の欲求ですね。

 

これは内側の欲求です。

 

 

今までの3つは外的要因からの欲求であって、
自分の内的要因からの欲求ではなかったわけです。

 

尊厳の欲求に関しては、
自分の心を満たしたいという欲求ですね。

これはですね、

他者から認められたい、社会から認められたいという欲求ですね。

 

これがなぜ四段階目にくるかというと、
これは当然のことで社会的欲求っていうのは
コミュニティに属していたり仲間が欲しかったりとかそうゆう事じゃないですか。

そうなってくると、やっぱり人間というのは欲張りというか、
その一つ上の段階の欲望が芽生えますので、
その仲間達に認められたいて思うんですよ。

 

安全欲求とかだと
DV(ドメスティックバイオレンス)を受けていると、
危険なこの場所で暮らしたくないという思いがあったりとか

生理的欲求だと、
お腹が空いたけど、全然ご飯が出て来ないだと
お腹いっぱいご飯が食べたいという思いが出てくるわけです。

 

尊厳の欲求と次に出てくる自己実現の欲求は
それとは違って
内的要因からのものになるので、

自分の想いの強さが違うわけです。

自己実現欲求

次に自己実現欲求ですね。

自分が掲げた目標というのを自分でクリアする喜びという物を得たいという欲求です。

成長していきたいという思いも同じですね。

 

ビジネスで結果を出していきたいというのも
これに当てはまりますね。

 

プロのスポーツ選手とか
ビジネスマンの多くはここに当てはまる人が多いんじゃないかなと思います。

 

これまでの4段階の欲求をクリアしてきた人たちは
次のフェーズに行って、自分を成長させることや
自分の目標を達成することにしか興味がなくなるので、

それに対しての行動が凄まじいわけです。

 

なので、ビジネスをする上では

その人たちに刺さる提案をしてあげたら
かなり確率で売れるようになりますね。

自己超越

で、これまで5段階話してきましたが、

自己実現欲求を超えると、

 

自己超越というフェーズに入ってきます。

 

これはですね、どうゆう段階かというと目的の遂行とか、
目的だけを純粋に求めるという領域なんですね。

 

見返りなんか求めない。

ギブギブギブですよね。

 

ここまできたら最強ですね。

 

 

何も求めることはない。

ただ目的に向かってひたすら走り続けるだけなので、
自分のビジネスを大きくすることや、人を育てるフェーズに多いのかなと思います。

 

 

ビジネス的には

生理的欲求、安全欲求、社会的欲求は割と低単価のビジネスモデルが多く、
尊厳欲求と自己実現欲求に関しては高単価のビジネスモデルが多いと思います。

 

 

それぞれの人の欲求にあったビジネスモデルがあるので、
リサーチをする上ではこの欲求も意識したものをやっていくと

かなり結果が出やすくなるんじゃないかなと思います。

 

個人としても

まずは、生理的欲求、安全欲求、社会的欲求はすんなりとクリアして、
尊厳欲求と自己実現欲求をクリアしていくフェーズに行くことが目標にしておいたほうが成長するスピードは速くなるので、

ぜひ意識してみてください。

Amazon電子書籍が無料で読めます

僕は大学生の頃に月収60万ほど稼いでいました。

その時は才能があったわけではなく、

周りの環境に恵まれていたわけでもありません。

ただの大学生で、野球が大好きな人間でした。

しかし、月収60万を稼ぎ、調子に乗ってしまった僕は

何もせずにぐうたらしていた結果、月収が激減し貧乏になってしまいました。

しかし、もう一度ビジネスに取り組むことになり、その先駆けとして電子書籍を出版。


Amazon電子書籍「職業文化」カテゴリーランキングで1位を獲得することができました。

僕はビジネスをもう一回、極めようと思った理由としては、

金銭的なことがほとんどですが、

周りを見てみたら不自由なことが多くて何もできない人たちが多くいるなと思いました。


そういった人たちがあらゆる不自由から脱却してほしいという思いから、この電子書籍を書きました。

その書籍をメルマガの中限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、

30分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味あれば読んでみてください。

→電子書籍「あらゆる不自由から脱却しよう」を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です