完璧にやろうとか虫が良すぎる。目的は何なのか?

Pocket

どうも、ほっしーです。

 

完璧主義者。

 

多いですよねー。

 

完璧を求めすぎてかなり消耗している人たちが多いんじゃないかと思います。

 

実際に僕の営業マン時代の友人の中で
同じく営業をやっていた友人がいたのですが、

その人はあまり結果が出せていませんでした。

 

なぜなら完璧を求めすぎていたから。

 

営業は結構アポをこなすことが大事で、
アポをこなし、喋りのレベルを上げる。

もちろん、事前の知識・思考としてアポ行く前に勉強し、
ある程度のレベルに行った時にアポ行くのがいいと思っていますが、

それでも完璧を求めるのは良くないです。

 

完璧を求めると、俺はまだこの知識を自分の中に落とし込めていないからまだアポ行けない。

みたいなデフレスパイラルを起こしていたのです。

 

いやいや、アポ行こうぜ。

って感じでした。

 

アポ行ってから、自分の改善点が見つかり、
それを修正し、またアポに行く。

これを繰り返していくと、自然と会話だったり所作も見た目も
どんどんと洗練されていくので、
完璧を求めず、不完全な状態でもいいから数をこなしていくことが大事なのです。

 

そもそも今回は営業の話をしたいのではなく、

ビジネスをしていく上で、完璧主義はマジで無意味ってことを伝えていければと思います。

 

完璧などない

そもそもの結論。

 

完璧などないのです。

 

あるわけがない。

 

そもそも完璧ってなんやねんと思います。

 

ビジネスをしていく上では、完璧主義を信念に掲げるのは超危ないと思います。

 

例えば、マーケティングをしっかりと勉強し、
売り上げの立て方や商品の広げ方をある程度知っているとしましょう。

 

普通だったら、その知識・思考をもとに
どんどんと営業したり、ビジネスの仕組みを構築していくのが普通ですが、

何も行動できない人がたまにいます。

 

そういう人に話を聞くと、

いや、まだ知らないことが多すぎてとてもじゃないけど、

情報を発信することや営業することなんてできないよ。

 

っていう人がほとんどです。

 

じゃあいつからやるねん。

いつからビジネスして不自由から脱却すんねんと。

 

だっておかしくないですか?

 

何かしらの目的を持ってビジネスを始めている人が多いにも関わらず、
完璧を求めすぎて行動できない。

超もったいないですよね。

 

僕も一時期こういった完璧主義の時期があって
何もできないときはありましたけど、
結局ビジネスをやっていく上では完璧主義では行けないわけです。

もちろん、しっかりとコンテンツを作り、
それを提供していく。

面白い、役立つコンテンツを届けることがビジネスマンの役目なのです。

 

なんで完璧主義になってしまうのか

ですが、ここに気づけない人は

どんどん完璧主義に陥ってしまいます。

 

それはなぜかというと、

承認欲求がものすごく高いのです。

承認欲求が高いというのは
人から認められたいという思いがあり、

指摘されたくない、何も言われたくない、嫌われたくないという思いの人たちが多いわけです。

 

これって自分が大好きな人たちに多い特徴で、
自己防衛がすごいのです。

 

指摘されることによって、自分の中の何かが改善される。

行動にしろ、性格にしろ

全てにおいて改善されるのにも関わらず、

完璧主義者は人から否定されてしまうのを恐れる傾向がすごく高いです。

 

ですが、それって無駄なことで、

 

そもそも目的はどこですか?

と問いかけてみてください。

 

完璧なものを作り上げることですか?

自分を守ることですか?

 

違いますよね。

 

ビジネスマンとしての目的は

売り上げを上げること。

もっというと、

売り上げを効率的に上げること

ですよね。

 

 

野球選手であれば、ポジションによって違いますけど、
ピッチャーであれば、

点を取られないピッチャーが最強なわけです。

点を取られなければ負けないわけですから。

 

別にかっこいい身体を作ることが目的じゃないんです。

 

 

だから完璧主義者の多くは目的を履き違えている人たちが多いのです。

 

ビジネスをやっていくのあれば、ここを間違えるのは
遠回りをしていますし、

よく僕が言っている

不自由を脱却することは難しくなってきます。

 

なので、完璧主義はやめて
目的を再度見直しましょう。

 

完璧主義からは何も生まれないです。

すべてやっていく中で洗練されていくものですから。

 

ここは意識してみてくださいね。

 

今日はこの辺で!

Amazon電子書籍が無料で読めます

僕は大学生の頃に月収60万ほど稼いでいました。

その時は才能があったわけではなく、

周りの環境に恵まれていたわけでもありません。

ただの大学生で、野球が大好きな人間でした。

しかし、月収60万を稼ぎ、調子に乗ってしまった僕は

何もせずにぐうたらしていた結果、月収が激減し貧乏になってしまいました。

しかし、もう一度ビジネスに取り組むことになり、その先駆けとして電子書籍を出版。


Amazon電子書籍「職業文化」カテゴリーランキングで1位を獲得することができました。

僕はビジネスをもう一回、極めようと思った理由としては、

金銭的なことがほとんどですが、

周りを見てみたら不自由なことが多くて何もできない人たちが多くいるなと思いました。


そういった人たちがあらゆる不自由から脱却してほしいという思いから、この電子書籍を書きました。

その書籍をメルマガの中限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、

30分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味あれば読んでみてください。

→電子書籍「あらゆる不自由から脱却しよう」を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です