好きなことで生きていくことを目指すのは愚かだという件

Pocket

どうも、ほっしーです。

 

僕はビジネスを始めて2年ほどが経ったけど、

「ビジネスが好きだ!」

「だから、ビジネスをしよう!」

みたいなことは一切なく、

 

最初はお金一点突破で

「稼げるし、時間もできるみたいだからやってみよう」

 

みたいな気持ちでやり始めたのがきっかけでした。

 

お金一点突破で考えていたので、

中々結果が出ないときは焦ったし、
諦めようとしたこともなんどもありました。

 

でも、目的が「お金も時間も自由自在に使い、人生を楽しむ」ことだったので、

ビジネスをこれまで続けて来て、

それなりに結果も出て来ました。

 

まあまだまだお金は稼ぐし、時間もどんどん増やしていきながら、
人間的にも成長していきたい。

抜群に頭をよくしていきたいという想いもあるので、
常に行動していっています。

 

 

その中で、よくYouTuberの人たちがいっていた

「好きなことで生きていく」

 

この言葉は、僕は好きではありません。

 

もちろん、好きなことで生きていくこと素晴らしいですし、
何より好きなことで生きていってる人は存在するので、
その生き方に対しては否定はしません。

むしろそれで成功しているのであれば、

どんどん挑戦していってほしいです。

 

しかし、好きなことで生きていくことができる人っていうのはごくわずかです。

 

はじめしゃちょーやヒカキンがYouTuberを続けることができている要因は

まず「YouTubeという動画市場に早くから入っていった」

というのが大きな要因でしょう。

 

だからこそ、今では日本トップの影響力を持った人たちになれているわけです。

 

しかし、これから好きなことで生きていこうとしても

 

我々凡人では無理な話で、

 

例えば、YouTuberになろうとしても

はじめしゃちょーのような企画力やヒカキンのような編集力や

ヒカルのような一人語りのコンテンツの高さ。

 

あれを最初から真似しようとしても無理です。

 

凡人が同じレベルまでにいくのには、

まず目指すところを変えなくてはいけません。

 

 

動画投稿で人気になりたいというのなら、
まずは違う市場から攻めて見てもいいかもしれないです。

 

例えば、レペゼン地球のDJ社長みたいに

Twitterで動画投稿を始めるとか17ライブをやってみるなどで

他媒体で挑戦してみるのはありです。

 

YouTube単体で攻めていくのは
かなり難しいですし、アクセスが集まってこないから
中々マネタイズができません。

 

そうすると、ビジネスとして成り立たないので、
存続が難しくなってきて、
撤退することも考えなくてはなりません。

 

 

とにかく好きなことで生きていくということは
ハードルが超高いわけです。

 

 

なので、好きなことで生きていくと決める前に

そのためにはまず何が必要なのかを考えなくていけません。

 

 

生きている以上はお金が必要になってきます。

 

そのためにはまず稼げる市場を探し、
見つけたら戦略を必死に練っていくことで

収益を出すことは可能になってきます。

 

それはどんな市場でも大丈夫です。

 

僕がやっているのはいわゆる稼ぐ系と呼ばれるもので、

「お金を効率的に稼ぐために、どんな仕組みを作ってそれをどうやって収益化までするのかを発信する」

ということをやっています。

 

それ以外にも恋愛系のビジネスモデルや健康系のビジネスも
始めようと思って、リサーチをしている段階です。

 

でも、これって元々好きだからこういったビジネスをしているのかと考えたら、

全く違くて、

稼げるからやっているわけです。

 

好きなことで生きていくことを目指すのではなく、

最初はお金を稼ぐこと、自分が勝てる市場を探すことを意識してみてください。

 

好きなことで生きていくのは後からついてきますから。

 

焦らずに目の前のことを一生懸命やっていきましょう。

 

 

目の前のことをクリアできたら、
次のことを考えていくべきだと思います。

 

僕自身も今は仕組みを作ることに楽しさを覚えていますが、

ある程度作り終わったら、オフラインの事業にも精力的に取り組んでいきたいので、僕も目の前をクリアしていきます。

 

とにかく目の前のことをクリアして
愚直に行動していきましょう。

 

今日はこの辺で!

Amazon電子書籍が無料で読めます

僕は大学生の頃に月収60万ほど稼いでいました。

その時は才能があったわけではなく、

周りの環境に恵まれていたわけでもありません。

ただの大学生で、野球が大好きな人間でした。

しかし、月収60万を稼ぎ、調子に乗ってしまった僕は

何もせずにぐうたらしていた結果、月収が激減し貧乏になってしまいました。

しかし、もう一度ビジネスに取り組むことになり、その先駆けとして電子書籍を出版。


Amazon電子書籍「職業文化」カテゴリーランキングで1位を獲得することができました。

僕はビジネスをもう一回、極めようと思った理由としては、

金銭的なことがほとんどですが、

周りを見てみたら不自由なことが多くて何もできない人たちが多くいるなと思いました。


そういった人たちがあらゆる不自由から脱却してほしいという思いから、この電子書籍を書きました。

その書籍をメルマガの中限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、

30分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味あれば読んでみてください。

→電子書籍「あらゆる不自由から脱却しよう」を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です