やりたいことなんてない。結局全部洗脳でしかない。

Pocket

どうも、ほっしーです。

ここ数年、よくテレビやYouTubeで見かける

 

「好きなことで生きよう」

 

というキャッチコピーがありますけど、

あれって結構難しいですよね。

 

好きなことって人それぞれ違うけど、
好きなことで生きていくって相当難しい。

例えば、野球が好きで野球で生きていくならプロ野球選手になるのが一番ですよね。

プロ野球選手になってそのまま飯を食っていけるほどの実力と運を持った人であればいいですが、

そんなのはほんの一握りです。

 

プロ野球選手になれる人は数少ないし、
その中でもレギュラーとして生き残っていく人たちは本当に限られた人のみ。

野球人生を終えた後でも生き残っていける人は本当に数少ないです。

 

なので、好きなことで生きていくなんて難しいですし、

そもそも好きなことがない人はどうやって生きていけばいいの?
ってなりますよね。

好きなことがないし、やりたいこともない。

こういった状況の人って結構いると思います。

 

僕自身そうでした。

 

やりたいことってなんやねんと。

 

学生時代野球をやってきた僕ですが、

プロ野球選手になれないとわかった瞬間、何を今後やればいいのかわからなくなりました。

そして絶望し、人生にやる気を失ってしまったのです。

 

普通にしんどいですよね。

 

でもこれを経験し、ビジネスと出会ってからいろんなことを学んできました。

その中で自己啓発セミナーなども行ってきたのですが、

面白いセミナーが一個あって、
そのセミナーの中で主催の方が言っていたのですが、

「やりたいことなんてない、やりたいことを探すなんてアホだ。やりたいことがあるのはかなり洗脳されている。」

とおっしゃっていて、

かなり真理に近い話をしていました。

 

僕の感想としては、別にやりたいことがあるのはいいと思う。

でもそのやりたいことも洗脳であるならば、一度抽象度を上げて物事を俯瞰してみた方がいいと思いました。

 

結局野球もビジネスも始めたきっかけは親やその環境、ネットなどの情報でした。

 

野球は親父に幼少からキャッチボールをしようと言われ、
野球をやりたくなるように仕向けられ、

ビジネスに関してはネットの情報やバイトの後輩の影響で情報収集を始め、ビジネスを始めるに至ったのです。

 

言い方悪く言えば、洗脳です。

 

ですが、それでいいんだと僕は思います。

 

それで成功するのであればいい。

不自由を脱却できればいいと思っていますし、脱却し関わってくれる人たちと楽しく成長できるように過ごしていきたいと僕は考えています。

 

なので、洗脳は悪用厳禁ですが、

成功するためだったら全然いいと思います。

 

ビジネスを始める上では始めは洗脳されたかのように愚直に学び、行動し
そのフィードバックを受け再度行動する。

この繰り返しをしていくことで、ビジネスは拡大していきますし、
不自由から脱却することができると思っています。

 

なので、始めは愚直に行動していきましょう。

 

僕はどんどんと行動していきます。

 

今日はこの辺で。

Amazon電子書籍が無料で読めます

僕は大学生の頃に月収60万ほど稼いでいました。

その時は才能があったわけではなく、

周りの環境に恵まれていたわけでもありません。

ただの大学生で、野球が大好きな人間でした。

しかし、月収60万を稼ぎ、調子に乗ってしまった僕は

何もせずにぐうたらしていた結果、月収が激減し貧乏になってしまいました。

しかし、もう一度ビジネスに取り組むことになり、その先駆けとして電子書籍を出版。


Amazon電子書籍「職業文化」カテゴリーランキングで1位を獲得することができました。

僕はビジネスをもう一回、極めようと思った理由としては、

金銭的なことがほとんどですが、

周りを見てみたら不自由なことが多くて何もできない人たちが多くいるなと思いました。


そういった人たちがあらゆる不自由から脱却してほしいという思いから、この電子書籍を書きました。

その書籍をメルマガの中限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、

30分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味あれば読んでみてください。

→電子書籍「あらゆる不自由から脱却しよう」を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です