満員電車に乗って思ったこととビジネスをすることの意味を今一度考えてみた。

Pocket

どうも、ほっしーです。

 

満員電車。

これ超きつくないですか?

 

僕はこれに乗りたくなくてビジネスを始めました。

 

ビジネスを始めたはいいものの本質を学ばずにビジネスをしていたせいで
遠回りをし、不自由から脱却することができていませんでした。

 

今では本質を1から学び直し、
満員電車には乗らなくても済むようになりました。

 

会社員時代に満員電車乗っていた時に思っていたことを
今回は書いていこうと思います。

満員電車はやばい

結論。

 

満員電車はやばいです。

 

きつすぎますし、
あれをずっと経験するのは人生損でしかないと思っています。

 

だからこそ会社員を辞めて
自由にビジネスをしているわけですが。

 

 

満員電車の何がやばいかって、とりあえず

 

人が多すぎ

 

ですよね。

なんであんな人おるん?意味不明
っていうくらい人いますよね。

 

朝と夜に満員電車で押しつぶされながら行ったり来たりして
すげえ大変な毎日を送っている会社員の方達は
すごいなと思います。

 

 

僕が会社員時代、
満員電車に乗っていて思ったことは
早くここから抜け出したい。

無理だ。

とずっと思っていました。

 

きつすぎましたね。

とりあえずストレスがやばい。

 

 

 

僕は結構社交的ではあるんですけど、基本インドアなんですね。

休みの日とかは基本外に出ない。

友人とかに誘われれば外に出ますけど、外にでたがらないんですよね。

 

 

家の中でブログやメルマガを書いている方が断然マシで
営業とかでアポイント行くよりも
仕組みを作っている方が断然好きなんです。

これは営業経験があった上で話しているので、
食わず嫌いではないと思います。

 

 

そんな僕が満員電車に乗るとかまじでストレス値が超上がるわけです。

僕以外の方達でも満員電車は嫌だと思いますし、
できる事なら乗りたくないと思っているはずです。

 

 

 

ストレスが重なると生産性が落ちますし、
何より人にイライラしてしまうんです。

そうすると、心に余裕のない人なんだと思われてしまい、
人は徐々に離れていく。

ストレスで老化が早く進み、
若々しさが抜けていく。

まじで悪循環でしかないと思っています。

 

 

 

もちろん、会社員をやっている人以外で

ビジネスをやっている人でもこういった生活を送っている人はいると思いますし、
それを否定することは決してないですが、

 

僕はそれをしないために仕組み作りに励んでいるわけです。

 

ビジネスをすることの意義

僕がビジネスをする意義は

 

不自由からの脱却。

 

これが僕のブログのテーマであります。

 

 

 

ビジネスをすることによって、

雇われお給料をもらって仕事をするよりも
自分でビジネス立ち上げ仕事をする方がはるかに成長もするし、
お金を倍以上はもらえるようになるのです。

 

しかも、時間も自由に決める事ができるので、
完全に後者を選びます。

 

 

 

満員電車に乗らずに過ごすためには
ビジネスで仕組み作りにコミットしていかないといけないわけです。

そうする事で自分のライフスタイルは変わっていくし、
成長もできるわけです。

 

 

 

ストレスもなくなり、自分に投資ができるようになるので、
見た目は若返る事ができるし、
知識はたくさん入るので、

頭は良くなって最強のビジネスマンになる事ができます。

 

ビジネスマンというよりは魅力的な人になる事ができるわけです。

 

 

なので、満員電車嫌だと思うのであれば、
早くその生活から抜け出すために
一歩進んでみるのがいいと思います。

 

スキルを身につけるでもいいですし、
仕組み作りをしてもいいです。

 

僕はマーケティングのスキルを手に入れて
仕組み作りをどんどん進めていくのがいいと思っているので、
今はそれをどんどんと推し進めています。

 

 

 

書いていて改めて思ったのですが、

 

 

満員電車乗りたくねえ。

 

 

そう思いました。

 

 

頑張りましょう。

 

以上です。

追記:無料公式LINEをはじめました!


「先が見えない不安を抱える1人起業家を減らし、自由なライフスタイルを送る個人を増やす」をテーマにした公式LINEを始めました。

ブログでよく聞かれるコンテンツビジネスの話やWEBマーケティング、ビジネスの話などを体系的にまとめて話しています。

無料でバンバン良質な情報を流しますので、是非チェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です