楽していきたいという感情は大事にしろ。

Pocket

どうも、ほっしーです。

 

楽して生きたい。

これは僕がネットビジネスを始める前、
大学生の時に抱いていた感情です。

 

今でもそれは変わってないし、
これからも変わることはないと思っています。

 

このブログを見ているあなたも少なからず
この感情を持っているんじゃないでしょうか。

 

この感情って悪の要素が強いと思われがちで、
再現性も低いと思っている人もいると思いますが、
今回はその話をしていこうと思います。

 

楽をしたいという感情の正体

楽をしたいという人はほぼ全員で、
苦しみながら人生を生きたいという人はまずいないでしょう。

 

人って元来自由であり、縛られたくないと思っています。

でも、人は他の動物に比べて脳が発達しているため、
集団行動ができたり、言葉を喋り聞き、理解することができる訳です。

そうすると、新たなテクノロジーを生み出すことができ、
便利な世の中になっていきます。

 

便利な世の中になると、極論何もしなくても生きていける世の中になる訳です。

仕事して帰って寝るだけの生活。

人間は刺激がないとつまらないと感じる生き物です。

 

しかも仕事の大半はきついし、やりたくない仕事ばかりです。

そうすると、そこから逃げ出して自分の好きなことだけやっていたいという思いが出る訳です。

 

そこから楽したいという感情が出てくるんですよね。

 

しかも、メディアの洗脳や身近な人からの発信の影響で
常識というものが出来上がってくる訳です。

 

常識でしょ?
きちんと仕事やろうぜ。

みたいなことがあるけれど、これって洗脳の一部だと認識してくださいね。

 

常識ってどの業界にもあるけど、
業界ごとに常識は変わってきます。

 

例えば、飲食店の中でも

お客のいうことはできる限り叶える。
という店舗があるのと、

店舗の中で決められたルールの中の要望しか叶えられない。
というのもあります。

 

どれが正解かってわからないですよね。

でもこれがその中での常識っていうやつなんです。

 

まあ、少し話が逸れましたが、

常識がこの人間の楽したいという感情を邪魔していることがほとんどなんです。

 

世間一般的には汗水流して働くことが正義。
みたいなのがまだあります。

 

インターネットの普及によってだいぶそれも無くなってきましたが、
まだ根本には色濃く残ってます。

 

だから楽して生きたいというと、大半の人は

無理だよ、そんなの。とか
いいんじゃない?と言いながらも、心の中でも無理だな。

と思っている人たちがほとんどな訳です。

レバレッジを聞かせることができると楽できる

でも、辛いことから逃げたい。
楽したいという感情は誰しもあるし、

その感情は大事にすべきなんです。

 

じゃあどうしたら、それを実現できるのかと言ったら、

レバレッジをかけることです。

 

例えば、このブログ記事も1回しか書いてないです。

ですが、アップロードした時点で
何千人と読まれるようになる訳です。
(まだまだpv数は少ないですが。笑)

 

これって、僕が対面で1000人に同じことを話そうとしたら、
1000回時間をかけないといけない訳です。

いわゆる営業マンが常にやっていることですね。

1人1人に直接話して、商品のことや取引先の中のことなどを話す。

 

僕は営業マンをやっていたことがあるので、
ある程度わかるのですが、

まじで効率が悪いんですよね。

 

1回1回アポイントとって、
時間を割いて話す。

 

信頼関係は生まれるし、狭く深く人間関係を築いていきたいなら、
確実にこれをやった方がいいです。

 

しかし、楽して生きたいのであれば、
このやり方ではダメなんです。

 

レバレッジをかける行動を起こしていかないと
楽をすることはできません。

 

例えば、この動画を見て欲しいですけど、
僕が以前動画を撮り、アップロードしたものです。

 

これに関しては広告をかけて再生数を伸ばしていったのですが、
13000回再生されました。

 

単純計算でいくと、13000人にアプローチができたということになります。

 

これがレバレッジの力ってやつです。

 

インターネットというツールができた今、
利用しない手は無いです。

 

自分が楽して生きたい。
もっと効率的にビジネスを進めていきたい。

というのであれば、レバレッジを意識したビジネスに取り組むべきです。

 

でないと、いつか身を滅ぼす結果を生むかもしれません。

今から意識して取り組んでみてください。

楽するためには目先の楽は無視しろ

ここまで、楽をするためにレバレッジが最強という話をしてきたんですけど、

 

少し逆の話をします。

 

僕はここまでの話を夢物語でもなんでもなく、
再現性のある話をしてきました。

 

現実的な例を挙げると、

ブログを書く
YouTubeをアップロードする
Twitterをやる
メルマガ書いて、商品を販売する

これらをやっていけば確実に売り上げは上がるし、
やるべきことは絞られます。

 

是非取り組んで欲しいのですが、
最初から楽しようとすると痛い目を見ます。

 

僕は初月から稼げますみたいなことは絶対に言わないし、
裏技的なことは全く知りません。

 

ほぼ正攻法しか知らないです。

 

ビジネスって結構夢のある仕事だなと思っていますが、
今成功を収めている人たちのほとんどは
確実に地道な努力を積み重ねています。

 

ブログを毎日更新したり、
YouTubeで喋れないけど、毎日喋ってみたり、
Twitterで他の人と絡んでみたりと。

確実にやるべきことをやってる訳です。

 

プロ野球選手もそうで、
1年間常に野球のことを考えて、
どうやったらいい成績を残せるか考え、
練習して実践して、失敗を繰り返しながら取り組んでいるんです。

そこでチャンスを生かし続けていたら、
巨万の富を得られるような選手になっていくみたいなことがある訳です。

 

どの世界でも挑戦し、最初は泥水を啜るような思いで
やっているんですよ。

 

もちろん、挑戦して最初は苦しい時期もあるし、
このくらいの時期にみんな結果を出している時でも
結果が出ずに苦しんでる人はいます。

 

でも、プロ野球みたいに才能+チャンスが限られた数しかない。
っていう場じゃなく、

何度でも挑戦し続けることができるのが、
このビジネスであり、情報発信な訳です。

 

なので、最後まで諦めずに楽したいという思いは持ちつつも、
努力を続けてみてください。

 

1年間。

これは努力してみてください。

人生変わりますよ。

 

僕もこれからも努力し続けますので、
一緒に頑張っていきましょう。

今日はこの辺で。

 

Amazon電子書籍が無料で読めます

僕は大学生の頃に月収60万ほど稼いでいました。

その時は才能があったわけではなく、

周りの環境に恵まれていたわけでもありません。

ただの大学生で、野球が大好きな人間でした。

しかし、月収60万を稼ぎ、調子に乗ってしまった僕は

何もせずにぐうたらしていた結果、月収が激減し貧乏になってしまいました。

しかし、もう一度ビジネスに取り組むことになり、その先駆けとして電子書籍を出版。


Amazon電子書籍「職業文化」カテゴリーランキングで1位を獲得することができました。

僕はビジネスをもう一回、極めようと思った理由としては、

金銭的なことがほとんどですが、

周りを見てみたら不自由なことが多くて何もできない人たちが多くいるなと思いました。


そういった人たちがあらゆる不自由から脱却してほしいという思いから、この電子書籍を書きました。

その書籍をメルマガの中限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、

30分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味あれば読んでみてください。

→電子書籍「あらゆる不自由から脱却しよう」を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です