フリーランスは社会信用度は低い。だけど、稼いだらどうにでもなる。

Pocket

どうも、ほっしーです。

フリーランス。

近年、会社に縛られずに仕事をしている個人事業主の人たちが増えてきています。

 

個人の時代と言われるように
かなりフリーランスの人たちが目立ってきたようにも思えます。

 

僕のその一人で、
フリーランスでビジネスをしています。

 

今回はそんなフリーランスについて語りながら
フリーランスでも副業でも何をすべきなのかを語っていければと思います。

フリーランスは社会的信用は低い

フリーランスは自由でいいな
会社に縛られず好きなことができていいな

と思う方がいると思います。

 

しかし、その一方
社会的信用が低いのもフリーランスのデメリットの一つで

例えば、

家が借りられない

とかも一つで
家を借りる上では信用が不可欠。

会社員などは企業の信用があるから
家を借りるのも簡単にできますが、

フリーランスになると企業の信用は借りることはできない。

個人の信用で戦うしかないのです。

 

しかし、不動産というのは
信用が大きく必要なもので

これがない限り家を借りることはできません。

 

あとは、ビジネス的にも不利な場面があって、

例えば、

企業にコンサルティングする際も
コンサルティングをするのは同じ人間でも

会社の名義があるか
個人で活動しているのか

で相手の解釈も違い、契約できるかも変わってきます。

 

会社を立てていたり、会社名義があれば
契約することができる場面は多々あって、

僕の友人でSNS運用のコンサルティングをしているときに
個人でやっているときはあまり稼げず集客も難しかったと言いますが、

法人を立ててビジネスをしたときは
かなり高い確率で契約が取れたということが何件もあったとそうです。

 

実際にこう言った事例を見ていくと、
個人でビジネスをやっていくのなんて
不可能なんじゃないかと思う人もいるかもしれません。

社会的信用が先かお金が先か

しかし、ビジネスをしていく上で

一番必要なのはなんだと思いますか?

 

一番は売り上げを立てることです。

 

売り上げを効率よく立てることができれば
ビジネスは潰れることはないですし、
うまくいけば、100万が1000万1億に変わる可能性もあるので、

売り上げを立てることが非常に重要です。

 

正直、さっきまでフリーランスは社会的信用が低くて
生きていく上では不便なところが多いと言っていましたが、

社会的信用なんて後でもできる。

稼がないとできないのです。

 

そもそも信用ってどうやって出来上がるのかというと、

会社員の場合は企業で雇用を受けている側であり、給料を受け取る人。
働いている限りはずっと収入が入ってくるというものだ。

だから信用はある。
お金はなくないし、稼げないこともない。

だったらこの家賃払えるよね。
カードの支払いできるよね

と言って、契約するのが家やクレジットの常識です。

稼げばどうにでもなる

稼げばいいんですよ!

 

結局資本主義社会で生きている私たちにとって、
お金は至上主義。

お金を超大事です。

 

社会的信用がない状態だったら、
ビジネスをしてお金を稼ぐ。

そのお金で稼ぎを増やす。
稼いだお金で投資をし、残ったお金で投資や返済などをすすめていく。

そうすることによって、勝手に信用は上がってくる。

毎月返済していたら
ビジネスしなくても勝手に信用度を上げてくれます。

 

なので、社会的信用を上げたいのであれば、
まずは稼ぎましょう。

 

結局稼ぐしかない。

これだけ。

 

シンプルですよね。

 

信用を得たいのであれば、稼ぐ。

結果を出す。

動きまくる。

とりあえずやる。

 

これが鉄板ですね。

 

信用を積み上げるのは大変ですが、
やることをリストアップしたら
案外シンプル。

ブログで稼ぐのであれば、
ブログを更新する。

メルマガで稼ぐなら
アクセス集めて、メルマガを流す。

これさえやればいいのです。

 

フリーランスでも信用がないのは仕方ないことですが、
稼ぐことができ、それを長く続けることができれば、
信用は積み上がっていく。

それで個人の信用は上がっていくわけです。

 

なので、稼ぎ続けましょう。

 

以上です。

Amazon電子書籍が無料で読めます

僕は大学生の頃に月収60万ほど稼いでいました。

その時は才能があったわけではなく、

周りの環境に恵まれていたわけでもありません。

ただの大学生で、野球が大好きな人間でした。

しかし、月収60万を稼ぎ、調子に乗ってしまった僕は

何もせずにぐうたらしていた結果、月収が激減し貧乏になってしまいました。

しかし、もう一度ビジネスに取り組むことになり、その先駆けとして電子書籍を出版。


Amazon電子書籍「職業文化」カテゴリーランキングで1位を獲得することができました。

僕はビジネスをもう一回、極めようと思った理由としては、

金銭的なことがほとんどですが、

周りを見てみたら不自由なことが多くて何もできない人たちが多くいるなと思いました。


そういった人たちがあらゆる不自由から脱却してほしいという思いから、この電子書籍を書きました。

その書籍をメルマガの中限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、

30分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味あれば読んでみてください。

→電子書籍「あらゆる不自由から脱却しよう」を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です