【映画レビュー】スパイダーマンファーフロムホームを見て、行動するにあたってのマインドの持ち方

Pocket

どうも、ほっしーです。

 

先日、スパイダーマンファーフロムホームを見に行きました。

 

僕はマーベル作品が結構好きで、

この間、上映され興行収入ランキングでアバターを抜き、

1位になった

 

「アベンジャーズ エンドゲーム」

 

も見に行きました。

 

エンドゲームは面白すぎたし、
特にキャプテンアメリカがサノス軍団に一人で立ち向かうシーンと
帰ってきた仲間と一緒に立ち向かうシーンは感動で

鳥肌が終始立っていました。

 

アベンジャーズシリーズのDVDを買い占めようかなと思っています。笑

 

 

話が逸れましたね。

 

今回はスパイダーマン ファーフロムホームを見に行き、
感想と感じたことが一個あったので、

シェアしていきたいと思います。

 

この物語から学ぶ一個の行動の基準

この物語は、

トム・ホランド演じるピーター・パーカーという高校生がある時、
蜘蛛に噛まれ、蜘蛛の能力が体に映り、

そこから街の平和を守っていく。

今回はピーターの高校の旅行で海外に行くということで
そこで起こっていく様々な事件の解決に奔走するというのが
今回の物語です。

 

 

最初はあまり物を考えずに見ていたのですが、

見ていく中でこれはビジネスにもつながる話がありました。

 

それはピーターがニックフューリーに海外で事件が起こり、
協力を仰ぐ。

その上で今回一緒に協力することになった

クエンティ・ベック

通称ミステリオと敵を倒していくのですが、

 

その中で一緒に戦ったシーンで

ピーターがあまり役に立たなかったのです。

 

そのあとに、ピーターがニックに

「お前には覚悟ない。だからいつもの力は発揮できない。
そんなんじゃ大切な人は守れない。」

 

的なことを言っていました。

 

 

覚悟

 

これってビジネス的にも大事なマインドの一つですよね。

 

この物語では覚悟を持ったピーターが味方であったベックが
裏切り者だと気づき、倒していくのですが、

覚悟というのは大事ですよね。

 

 

覚悟を持つことで行動の幅が変わるし、

何より無駄なことを考える必要がなくなるわけです。

 

例えば、この物語の中では

ピーターは旅行中に好きな子と仲良くなり、
告白する。

という思いがあって、旅行に意気込んでいたけど、

そのタイミングでニックフューリーに邪魔される。

だから覚悟というよりはめんどくさい。
いやだ。やりたくない。

という感情があったのです。

 

 

そうすると、覚悟がないからどれだけ能力があっても

それは役に立たないのです。

 

 

ビジネスをやっていく中でも
こう言った覚悟って必要な場面はくるし、

覚悟がないと基本はやっていけません。

 

覚悟がない人っていうのは

楽して稼げればいいやー。
頭使いたくないから、お金が勝手に入ってきてくれないかなー。

 

みたいな思いをしている人が多く、

実際にビジネスをやっても稼げる事はほとんどないのです。

 

 

ですが、覚悟がある人は

後が無いから今一生懸命やらなければ。
勉強しまくって仕組み作るぞ。

という思いを持って、行動するから

 

覚悟がない人とある人は行動の基準がそもそも違うわけです。

 

ブログ1日1記事あげる人と1週間に1回あげる人では
全く意識が違いますよね。

 

もちろん、ビジネスの戦略とコンテンツの量によって
ブログを毎日更新するかしないかは変わってきますが、

初心者のうちは前者の方がいいわけです。

 

最初は思考した上で圧倒的に量が大切なので、
どんどんやっていった方がいいわけです。

 

 

覚悟がある人とない人とでは結果の出方がそもそも違うので、

もし成功したい。
不自由を脱却したい。
やりたいことがあるから、今ある不自由なくしたい。

などの思いがあるならば、覚悟を持つべきです。

 

 

覚悟の持ち方

じゃあ実際、覚悟ってどうやって持てばいいの。

と言われた時に何をすべきっていうと

 

これには答えはありません。

 

なぜなら行動する基準は人によって違いますし、
何を失いたくない。何かを得るために必死になる。

というのは人それぞれ違うわけです。

 

なので、一概にこれとは言えません。

 

 

しかし、ある程度覚悟を決められるようになるには

後先がない。

という状況を作り出してもいいかもしれません。

 

 

例えば、借金するとか
この作業があと何時間で終わらないと飯おごるとか

 

色々と策はあるわけです。

 

自分のやりたくないことを罰ゲームとしておいておくと
かなり行動の質や早さは上がりますからね。

 

実際に僕が情報を追っかけているビジネスの先輩たちは

こういったことをやって行動している人もいるようです。

 

ビジネスで結果を出している人ですら覚悟を持つためにやるので、
ぜひやってみてください。

Amazon電子書籍が無料で読めます

僕は大学生の頃に月収60万ほど稼いでいました。

その時は才能があったわけではなく、

周りの環境に恵まれていたわけでもありません。

ただの大学生で、野球が大好きな人間でした。

しかし、月収60万を稼ぎ、調子に乗ってしまった僕は

何もせずにぐうたらしていた結果、月収が激減し貧乏になってしまいました。

しかし、もう一度ビジネスに取り組むことになり、その先駆けとして電子書籍を出版。


Amazon電子書籍「職業文化」カテゴリーランキングで1位を獲得することができました。

僕はビジネスをもう一回、極めようと思った理由としては、

金銭的なことがほとんどですが、

周りを見てみたら不自由なことが多くて何もできない人たちが多くいるなと思いました。


そういった人たちがあらゆる不自由から脱却してほしいという思いから、この電子書籍を書きました。

その書籍をメルマガの中限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、

30分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味あれば読んでみてください。

→電子書籍「あらゆる不自由から脱却しよう」を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です