資産を積み上げないと人生詰む話

Pocket

どうも、ほっしーです。

 

 

久々の更新になります。

 

 

最近はもっぱら仕組みづくりに励んでいて、
どんどんコンテンツを生み出している最中です。

 

ブログ更新やSNSの更新からは少し離れていましたが、
ある程度仕組みが完成したので、あとは仕組みを強化することと
どんどんメディアの媒体を強めていくだけになったので、
色々と発信できたらと思っています。

 

 

最近ずっと仕組みづくりに注力していたせいか、
短期的な収入よりも長期的な未来に対する資産を積み上げることの方が重要だなと感じるようになりました。

 

今まではビジネスをやってきて、
明日には10万売り上げ上がっているかなとか
営業に行ってこの人が商品を買えばコミッション入ってくる!

みたいなことをずっと考えていました。

 

そうすると、短期的な収入を目的に行動するので、
資産に目がいかなかったし、
そもそも営業される人の感情とか無視していたから信頼はなくすし、
色々と散々でした。

 

 

でも、仕組みづくりに注力するようになってから
短期的に収入を上げることの意識はなくなり、

どのようにしたら自分のレベルが上がっていくのか、
こういう仕組み作ったら面白いんじゃないか。

とずっとそういったことを考えるようになりました。

 

 

目指すところが変わったことによって、
結果の出方やマインドが変わっていったのです。

 

短期で月に100万稼ぐよりも
月30万を安定して稼ぐ仕組みを作る方が圧倒的に精神的に楽だし、
何よりも時間が取れるようになってくるわけです。

 

時間は命と同じくらい大切なものです。

 

なのに、時間を大切にせずにお金を意識してしまっている人たちがほとんどです。

 

 

もちろん、僕もお金を稼ぐために
ビジネスを始めているわけですが、

もう仕組みを作った時点でお金が入ってくるのはロジックとして分かっているので、あとはテストしていくだけなんですよね。

 

そうなると、お金を稼ぐのは時間の問題。

次は時間が欲しいと思ってくるわけですね。

 

時間があればあるだけできることは増えてきますからね。

 

だからこそ、資産を積み上げる必要はあると確信しています。

 

資産を積み上げるというのは僕でいう仕組みを作ると同じことで、
僕のいう仕組みは資産になるものなんですね。

 

仕組みはお金時間を生み出してくれるものなので、
ここの積み上げは絶対に欠かせないものになってきます。

 

タイトルにもある通り、
資産を積み上げないと人生詰みます。

 

もし、いま資産を積み上げるための行動をしていない人がいたとしたら
考えを改めて行動を見つめ直して欲しいです。

 

何が資産を積み上げるための行動かを考えるならば、
まずは

知識を貯めていくこと
仕組みを作る

この2つになりますね。

 

仕組みを作ることはある程度の知識が必要なので、
知識を貯めていく。

知識を貯めることは誰でもできますよね?

 

本を読む
YouTubeで勉強する
セミナー参加する
教材買って勉強する
友達から教えてもらう

など、色々と知識を得ていくための手段はたくさんあるので、
ぜひ資産を積み上げることを意識してみてください。

 

 

僕も資産を積み上げるための行動は
当面、年1億稼ぐまではやり続けていきたいと思います。

 

 

ということで、今回は以上です。

Amazon電子書籍が無料で読めます

僕は大学生の頃に月収60万ほど稼いでいました。

その時は才能があったわけではなく、

周りの環境に恵まれていたわけでもありません。

ただの大学生で、野球が大好きな人間でした。

しかし、月収60万を稼ぎ、調子に乗ってしまった僕は

何もせずにぐうたらしていた結果、月収が激減し貧乏になってしまいました。

しかし、もう一度ビジネスに取り組むことになり、その先駆けとして電子書籍を出版。


Amazon電子書籍「職業文化」カテゴリーランキングで1位を獲得することができました。

僕はビジネスをもう一回、極めようと思った理由としては、

金銭的なことがほとんどですが、

周りを見てみたら不自由なことが多くて何もできない人たちが多くいるなと思いました。


そういった人たちがあらゆる不自由から脱却してほしいという思いから、この電子書籍を書きました。

その書籍をメルマガの中限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、

30分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味あれば読んでみてください。

→電子書籍「あらゆる不自由から脱却しよう」を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です