なぜ人はうまくいかないことに『盲信』をしてしまうのか?【その原因はメタ認知力が低いせい】

Pocket

どうも、ほっしーです。

 

「これで稼ぎたいです」
「ずっと続けてきたからこれで成功したいです」
「ビジネスは忍耐ですよね」

 

こんなことをいう人たちは少なからずいるし、
収益が伸び悩むビジネスマンのほとんどが
これにずっと縛られてることが多いです。

 

しかし、実際にそれを言う人に限って、
全く成果が出なかったり、
収益が出てないのに、

「俺は大丈夫」

とか言って、見栄を張ったりもするんですよね。

見栄を張るに関しては
別記事でも解説してるので、
そちらをご覧ください。

『見栄を張る』ことの無意味さからくるビジネスの機会損失について

 

で、本題に戻ると、

なぜ人はうまくいかないことに『盲信してしまうのか』

今回はこれについて深く解説していこうと思います。

 

結論:メタ認知力が低いせい

人が『盲信』をしてしまう理由の1つは

 

メタ認知力が低いせい

です。

 

そもそもメタ認知ってなんぞや?

って言う人も多いと思うので、
少し解説しておくと、

メタ認知とは

「自分の認知活動を客観的にとらえる、つまり、自らの認知(考える・感じる・記憶する・判断するなど)を認知すること」

です。

 

わかりやすく言うと、

自分の思考や物事を客観的に見る力

のことです。

 

メタ認知はジョン・H・フラベルという認知心理学の学者が
提唱した概念です。

 

最も古い時代にそれを提唱したのが

ソクラテスであり、『無知の知』と
提唱したのがきっかけであるとも言われてます。

 

まあ、かたっ苦しい説明はここまでにして、

 

ビジネスで収益に伸び悩む人の多くはこの

メタ認知力が低いことが原因なのです。

 

人は不合理な生き物

メタ認知力が低いことによって
起こる出来事は様々ありますが、

サンクコストバイアス

メタ認知力が低いことによって起こる
人間の心理効果とも言われてます。

 

サンクコストはビジネスの中でも有名であるので、
軽く説明するだけにしますが、

わかりやすくいうと、

お金・時間などの自分がかけた労力に対し、
その対価が返ってこない。

つまり、回収不可能なコスト。

 

ということです。

 

例えば、メルマガでステップメールを作って
それで収益を立てようとする情報発信者は多いと思います。

でも、ほとんどの場合が
継続して稼ぐことができず、

でも「いつか稼げる、周りも時間かかって成功したんだ」

という風に思い、成功しないとどこかで分かってるはずなのに
ずっと続けてしまう。

 

これこそサンクコストによる影響でもあり、
人は不合理な生き物だと証明してることになるのです。

 

論理的に考え、客観的に物事を見て

Aというプランの方が正しいはずなのに、

Bというプランでずっと労力をかけ続けたから、
そっちで成功したいと諦めることが感情的にできなくなってる場合がほとんどです。

 

例えば、

ネットワークビジネスをやってる人は初め、

「お金を稼ぐために、ネットワークビジネスをやる」

という意気込みでやる人が多いはずなのに、

 

時間が経つにつれて

「ネットワークビジネスで成功したい」

と、

 

ネットワークビジネス=手段

のはずが、いつの間にか

ネットワークビジネス=目的

に。

 

つまり、手段の目的化がされてしまう現象が起こってしまうのです。

 

それもメタ認知力が低く、客観的に物事を判断する力がないために

ほとんどの人がこのような出来事で
失敗をしていってるのです。

 

思考の偏り=バイアス

先ほど、人は不合理な生き物だって言いましたが、

人は主観で生きる動物です。

 

客観的に物事を見る力が養われてる人は

収入が高い、その理由は

◉人がなぜ集まるのか?
◉人がなぜ購買行動を起こすのか?

この理由を客観的に見て、それを実際に行動に落とし込むことができるからなのです。

 

9割以上の人が主観で生きる動物なので、

メタ認知力が高い人が発信する情報に食いつき、
そして消費をしたり、浪費をしたりしてしまうのです。

 

もちろん、消費活動をすることは悪いことではないし、
むしろビジネスで稼ぐなら、
購買行動を積み重ねていくべきです。

 

なぜなら、ビジネスを仕掛けるのに、
物を買う心理がわからなければ、
物は売れないからです。

 

人は感情で購買を決定します。

 

その感情をきちんと学習知としても
自分の体験知としても
理解しておくことで、ビジネスが円滑に回りやすくなるのです。

 

でも、思考の偏りがあることで、
主観でしか物事を見ることができなくなり、
ビジネスで稼ぐことは困難になります。

 

もし、あなたが仕掛ける側で「感情で発信」をしても
それはあなた個人の感情であり、
見込み客からしたら、全く響かないものだから、
あなたの収益が伸びることは一切ありません。

 

きちんと、論理的に、
そして客観的に見る力を養う。

メタ認知力を高めていく必要があるのです。

 

メタ認知力を高めるためのトレーニング

僕自身、メタ認知力が低いせいで、
ずっと収益が上がらない状況に悩まされてきました。

そして発信する内容も自己満足になってしまい、
ずっと「何でだろう?」と思いながらも
迷いながら、発信を続け、全然儲からないという事実に向き合えませんでした。

 

それでも、転機が訪れて
きちんと変わる機会を得ることができ、
そこからメタ認知力を上げるトレーニングをしてきました。

 

もちろんまだまだですが、
続けていくごとに少しずつ力はついてると思うので、
積み重ねですね。

 

で、トレーニング内容ですが、
僕がやってる方法をシェアします。

◉内省
◉その日起きたことの振り返り

この2つを取り入れてやっています。

 

これは年収3000万以上の起業家や
億を超える起業家、投資家たちがこぞってやってる方法です。

 

自分のことを客観的に見る力を養うために
この2つの方法を実践してます。

 

やるタイミングとかは
朝起きてからの30分、寝る前の10分

にストレッチをしながら考えたり、
目を閉じながら考えてみたりすること。

 

これをまずは1週間続けて体質をつけるだけでも
かなり変わりますので、
是非やってみてください。

 

これで、20日で69万稼いだ実績もあるので、
ある程度は保証します。

 

今日はこの辺で!

ありがとうございました!

追記:無料公式LINEをはじめました!


「思考の枷を、ぶっ壊す」をテーマにした公式LINEを始めました。

ブログでよく聞かれるコンテンツビジネスの話やWEBマーケティング、ビジネスの話などを体系的にまとめて話しています。

無料でバンバン良質な情報を流しますので、是非チェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です