あなたが稼ぐ系で発信をするリスクについて

Pocket

どうも、ほっしーです。

 

かなり強めのタイトルで始まりましたが、

 

“月収400万達成しました!”
“累計で100人ダイエット成功させました!”

と言う風に実績を出して情報発信をしてる人って大勢いますよね。

それの理由って
ただの自己顕示欲ではないってことは知ってるはずです。

 

では、なぜ発信者のほとんどが実績を出すことをやっているのか?

 

実績を出すことで他の発信者と差別化を図ることができるし、
あなたに対する見込み客の反応がとりやすくなるからです。

 

そして、今回は

実績勝負になる『稼ぐ系』などのレッドオーシャン市場で
戦うことのリスクを解説していこうと思います。

 

ですので、もしあなたが

○稼ぐ方法を学んだけど、どこで情報発信すればいいかわからない
○もっと稼げるようになりたい
○でも難しいから行動に迷いが出てストレスが溜まっていく
○稼ぐ系で発信をしてもいつまで経っても売上が出ずにつらくなってる

みたいな状況の方は
今回の記事は是非見ていってください。

実績勝負の世界

僕のところに連絡が来る中で多いのは

「稼ぐ系で学んだから自分も稼ぐ系をやろう」

 

と言って発信する人が多いんですが、

結論を言ってしまうと、やめた方がいいです。

 

初心者が参入するとかなり無理があるなと
経験した上での肌感です。

 

なぜ無理ゲーになってしまうのかと言うと、

稼ぐ系での発信で収益化を目指すのは

『実績勝負』になってしまうからです。

 

当たり前に知ってるとは思いますが、

 

月収1000万の起業家から学ぶ

or

まだ収益を上げたことのない起業3ヶ月目の初心者

 

どっちから学びたいかと言ったら、
圧倒的に前者ですよね。

 

ここまで極端にしなくてもいいですが、

基本、稼ぐ系などの市場では
『実績』があなたの信頼を決める要素の大部分となります。

 

もちろん、発信内容や関わってる人、
ビジュアル全てにおいて、
収益を上げるための情報発信の要素はたくさんあります。

 

でも、一番重要なのは

あなたがどんな人なのか?
これを実績ベースで見ていくのが自然です。

 

なので、もしあなたが初心者や単発でしか収益を上げたことのない起業家なら
かなり難しい戦いに挑んでることになるのです。

プロとノンプロの差

実績の話と繋がるのですが、

市場ごとにプロとノンプロがいるはずです。

 

野球選手でもプロ野球選手と草野球選手。

起業を教える界隈でもプロのコンサルタントとノンプロのコンサルタント

 

ではレベルが段違いなのです。

 

起業を教えると言うカテゴリで考えるならば、

◉収益を上げるための知識はあるのか?
◉自分が収益を上げたことがあるのか?
◉指導して収益を上げさせたことがあるのか?

これらはきちんと見るべきポイントです。

 

よく『人脈はあるかどうか』とかも判断基準の1つとして
入れる人もいますが、

それはどちらでも大丈夫です。

 

きちんと収益を上げるならば、
先ほど言った3つの条件をクリアしている人を
選んで学ぶべきです。

 

そう、プロとノンプロの差を見極めるには
3つの条件に当てはめればいいだけだし、

もしあなたがこの条件に1つでも当てはまらないと
かなり集客も販売も難しいかもしれません。

 

もちろん解決策もあるので、
最後まで読み進めていってくださいね。

もし稼ぐ系で発信するなら意識すべきポイント

ここまで稼ぐ系をやるべきではない理由を述べてきましたが、

この記事を見ているあなたは
もしかしたらすでに稼ぐ系で発信をして、
そこでまずは実績を残したいと思ってるかもしれません。

 

なので、稼ぐ系で発信するなら意識すべきポイントを
解説していこうと思います。

 

◉ザイオンス効果(単純接触効果)を意識する
◉お客さんの頭の中にあなたから商品を買う理由を作ること
◉文字だけでなく、ストーリーやビジュアルを使っていく

この3つを意識して発信をしていけば、
10日〜20日で収益化することは可能になります。

 

もちろん自動化をすることも
やりようによっては可能になるのです。

 

1つずつ説明していくと、

◉ザイオンス効果(単純接触効果)

ですが、これはとにかく『大量の発信』をすることです。

 

人は接触頻度の多い人や情報を信用する思考があります。

 

例えば、

初めて会ってその1回目で人から告白されるのと

3日目以降に告白される

とでは、相手のことを知ってる気持ち+
接触頻度も多いから、最初より信用する気持ちが上がってるわけです。

 

情報発信でもその心理効果を生かして
発信を続けること。

 

◉お客さんの頭の中にあなたから商品を買う理由を作ること

基本的に情報発信をして商品が売れない人のほとんどは

発信であなたの商品を買う判断基準を作れてない。

これが原因なのです。

 

お客さんはあなたの思い通りには行動をしてくれませんから、

あなたがずっと自己啓発的な発信を続けても

お客さんは「何が言いたいんだろう?」って
なってしまうのです。

 

そうすると、商品を売るどころか集客すらできない状況になってしまいます。

先ほど言ったザイオンス効果をどれだけ意識しても
ただ認知するだけで終わってしまうのです。

 

消費者の購入プロセスは以下の5つです。

 

お客さんがあなたのことを認知したとしても
興味を持たれなければ、集客に至らないし、

それ以降の行動も無くなってしまうわけです。

 

あなたが情報発信を通して商品を売りたいなら、
買う判断基準を作って上げてください。

 

わかりやすく例を上げるなら、

◉商品の必要性
◉自分が何者か
◉自分であれば悩みが解決できること
◉商品を選ぶ基準
◉商品の相場感
◉今買うべき理由

 

これらを納得できる根拠と共に
発信をしていけば、ほぼ外すことなく商品を売ることは可能です。

◉文字だけでなく、ビジュアルを使っていく

稼ぐ系の情報発信者に多いのは
文字だけで情報を伝えようとすることです。

 

ビジュアルを意識しないあまりに
あなたの自己満足の発信になってる可能性が非常に高くなっているのです。

 

人はイメージができるから、次の行動ができるようになるのです。

例えば、野球をやったことのない人に

キャッチボールしてみて。って言うと、
大抵変な形のキャッチボールになります。

口だけで指導してもうまく伝わらずに
挙げ句の果てには怪我をしそうになるのです。

 

イメージをさせるには、
お手本を見せることでイメージができます。

そうすればある程度のイメージができるので、
体の動きが少し様になるのです。

 

そのように人はイメージして
初めてあなたに対して価値を見出します。

 

だからこそ、情報発信上で文字だけで勝負してる人は
ビジュアルを入れていくこと。

 

これだけでも大分反応は変わりますので。

 

今回話した内容を意識した上で
稼ぐ系の発信は挑戦してみてもらえると
ある程度の結果は出てくると思います。

 

ですが、これから情報発信に挑戦するのであれば、
稼ぐ系で情報発信をするのはおすすめしません。

 

なので、自分が提供できることをもっと考えて
市場をリサーチしてビジネスに取り組んでみて下さい。

 

今日はこの辺で!

ありがとうございました!

追記:無料公式LINEをはじめました!


「思考の枷を、ぶっ壊す」をテーマにした公式LINEを始めました。

ブログでよく聞かれるコンテンツビジネスの話やWEBマーケティング、ビジネスの話などを体系的にまとめて話しています。

無料でバンバン良質な情報を流しますので、是非チェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です