ラスベガス旅行から2年【月収80万になってみて】

Pocket

どうも、ほっしーです。

 

これは僕が以前にお世話になっていた

◉毎月海外に行く
◉月1000万円の収入
◉10万人規模のフェスの主催

などをしていた社長さんから学んだことと
最近、学ぶ環境が変わったので、
シェアしていこうと思います。

 

僕は起業を決意してから
3年経っても収入は0
全然稼げないのに、口だけは一丁前で、

ホームレスをしたり、
貯金がないのに浪費していたり、
資金ショートしかけて彼女の家に転がり込んだり、

と色々とクズ要素満載でした。

 

収益0、仕組み依存、破産寸前、職なし、
まさに地獄を見ているようでした。

 

今では収入も上がってきたので、
それは無くなってきました。

 

もちろん、まだまだで
上のレベルの人と会って
失敗することもありますが、

ステージが変わってきたな
という印象が自分の中であります。

 

かなり地獄みたいな状況から
集客も販売も狙った通りにうまくいくようになったのは

「自己投資を間違えなくなった」

という点が一番大きいです。

 

結果が出てない、伸びない
というのであれば参考になる記事かなと思います。

 

ラスベガス旅行を共にした社長さんとの話

2年前ほど、
営業代行をやっていた頃、

当時お世話になっていた社長さんがいて、
その方と周り何人かでラスベガスに行くことになりました。

 

その時の僕の状況として

貯金0でフットワークがクソ重い。

という金持ちからみたら、
まじで誘いづらいし、関わることもほとんどない底辺の人間でした。

 

当時行ったラスベガス旅行は
1回旅行するのに20万くらいの予算でした。

 

当時は社長さんのオフィスで寝泊りしてる
居候だったので、

なんとか誘っていただき、
当時の感覚としてはフットワーク重めだったのですが、

社長の周りをうろうろしていながら、
入ってくる情報に耳を傾けると、

やはり即行動できる奴は強いよね。

という話は常々していたのです。

 

それを聞いていたおかげで、
誘っていただいた瞬間に

即答で
「行きます!」
と二つ返事をしたのです。

 

この数時間後に僕はお金を調達できて
なんとかラスベガスに行くことができたのですが、

返事した時はお金を調達できるあてもないし、
まじで良かったのか?

と思ったのですが、

 

実際行ってみて、まじで良かった。

 

こんな感じ↓

シルクドソレイユを見る前にあった銅像↓

シルクドソレイユ↓

グランドキャニオンにはいけず、
レッドロックキャニオンへ↓

 

あそこで断ったりしていたら、
次からは誘いづらくなりますよね。

だって

「あいつ、金ないしフットワーク重いから誘っても来なさそうじゃん」

って思われたら、
色んなチャンスを潰すことになりますからね。

 

こういうのって日常的に行われてることだと思うんです。

 

学校の友達とかに遊びに誘われても

「今日は用事が…」
「金無いからごめん」

みたいに断ってると、
だんだん「あいつは金持ってないし付き合い悪いから誘うのやめようぜ」

ってなることがありますよね。

社会に出ても同じです。

 

起業の世界では

1人で仕事ができるし、
それとなく仕事をこなしてたらある程度の収入は手に入ります。

 

でも、それだけだと成長はないんです。

 

目の前のチャンスを潰す人が多すぎるんです。

お金がない
時間がない
タイミングが違う

こんなことで目の前にあるチャンスを逃し、
その後も「チャンスがないんだよな」みたいなことを
ぐちぐち言い続ける。

 

よく年初めに目標を立てますが、
大抵、その目標の8割は達成できてませんよね。

 

みんな目の前のチャンスを掴みにいかない傾向にあるんです。

 

本当にもったいないです。

 

自分よりも上のレベルの経営者なり、実力者が
あなたに対して

「一緒に旅行でも行くかい?」

なんて言われた日には即レスで行きます!
と言ってお金なり、時間を用意するのが自然です。

 

こういうのも自己投資の1つですよ。

 

これが当たり前のようにできるようになっていくと、
見える世界が変わっていきます。

 

 

お金がない、

という人も限界まで仕事してるの?
と問いかけてください。

 

限界まで労働せずに
ちょいちょい休むなんてまじで意味ないですからね。

まず成功するなら
資金を貯めるために動く。

 

睡眠時間を削るために
短眠の方法を覚える。

それか睡眠の質を上げて、
起きてる時間は全て仕事だけにコミットする。

みたいなことをやって
必死に資金を貯めていく。

 

必死に今の現状を変えるために
行動するってことはまじで大事です。

 

出会うきっかけはマーケティング

よく絶対に出る質問として

「そんなに上のレベルの人と会えない!」

というのがあると思いますが、

 

 

僕が様々な人と会ったり、
メンターから指導いただいてるのって、

「マーケティング」

のおかげなんですよね。

 

 

僕のメンターは
(ここからはAさんと呼びます。)

発信が面白くて
指導していただく以前からやりとりは
させていただいてたのですが、

僕自身も苦しみながら
マーケティングをしていたので、

 

そこで仲良くなり、
今ではコンサル料を払って
密に指導していただいてます。

 

人と会えない、集客ができない
というのであれば、
マーケティングを極めてみてください。

 

マーケティングは

あなたの経験値

がそのまま結果に反映されます。

 

マーケティングがうまいだけで
あなたの収入は伸びるし、
会ったこともない人から「この人はすごい」と言われるようになります。

 

マーケティングができないのは
今の時代だとかなり致命的ですし、

◉思考力ない
◉言語能力がない
◉自分勝手なんだろうな

ということがバレてしまうので、
裏でバカにされてしまいます。

 

僕はマーケティングのおかげで
立ち直ることができたし、

Aさんもマーケを勉強したから
今では年収3000万でキープしているそうです。
(なぜキープなのか、その話は後ほど…)

 

マーケティングは勉強しておきましょう。

 

Aさんが年収3000万でキープする理由

これは指導いただいてる時に、
よくAさんが話すのは、
上昇志向はないと常々おっしゃられるのです。

 

だから、年収3000万ほどで抑えているそうですが、
最近は「もう少し伸ばそうとしてるから、少し動いてる」
みたいな話をよくしてます。

 

Aさんが口酸っぱく言ってるのは、

「収入をコントロールする力がなければ、破産する」

という話をよく聞きます。

 

理由を問うと、

「1000万稼いでも、
それが実力でなくたまたまだったら
次の年とか未来に何か起こったら立て直しができない。

1000万稼ぐにも、

◉1000万をギリギリ稼げるのと
◉意図して1000万で抑えてる

とでは後者が圧倒的にすごいし、有利だ。」

 

と話していて、まさにそうだなと思ったわけです。

 

簡単に言えば、

◉収入をコントロールする力
◉ゴールから逆算する力

を手に入れろ、
という話をしているのです。

 

僕もこの指導のおかげで
収入も上がってきました。

 

みんな逆算思考ができないから

売れないし、人としてダメになっていくんだ。

という話を常々聞かされます。

 

月の自己投資は100万を超えるのがファーストステップ

僕のメンターは

月の経費は500万超えるまではお金を出し惜しむことなく使え、

というマインドセットを持っています。

 

僕もここまでいくのを目標にしてますが、
ぶっちゃけここまで行ける人は少ないと思っています。

 

なので、ファーストステップとしては
月100万は自己投資に惜しむことなく使うことです。

 

最低ラインがここなのは理由があって、

中途半端に稼ぐ人(月10万〜100万いかない人)って
自己投資を数十万ほどで終わる人が多いんです。

 

自己投資が少ない人ほど、学ぶ機会が少ないので、
知識が偏ります。

そうすると稼げる額も少ないので、
一本で生きていくことは不可能です。

 

僕自身、貯金0や資金ショートした経験はあります。

この経験で分かったんですけど、

仮に年収1000万で満足だとしても
その数倍は稼ぐ力を身につけておかないと
いざって時にはすぐに滅ぶということです。

 

【学ぶことから逃げて足を止めるとすぐに滅ぶし、災いが起きる】

というのが僕の自戒です。

 

本当にこれが起きてしまうので、
がっつり自己投資をすることをお勧めします。

 

 

 

 

僕のブログ内から公式ラインを
追加できるので追加してみてください。

 

たまに企画をして
一緒に学べる環境を作って
提供しているので、

一緒に学んで一緒に稼いで
一緒に成長していければいいなと思っています。

 

記事の感想をコメントいただけたら嬉しいです。

 

それではお読みいただきありがとうございました!

追記:無料公式LINEをはじめました!


「思考の枷を、ぶっ壊す」をテーマにした公式LINEを始めました。

ブログでよく聞かれるコンテンツビジネスの話やWEBマーケティング、ビジネスの話などを体系的にまとめて話しています。

無料でバンバン良質な情報を流しますので、是非チェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です